更年期サプリ

更年期サプリは自分に合ったものを使いましょう

更年期になると多くの女性が悩まされる更年期障害。初めのうちは軽い症状で「ちょっとヘンかな?」という程度かもしれませんんが放っておくと生活にも支障が出るほど重症になる事もあります。「ホットフラッシュのせいで外出中タオルが手放せなくなった」「イライラして周りにぶつけてしまった」「めまいの回数が圧倒的に増えた」「手足の冷えがひどい」「肩や腰がこりやすくなった」など、更年期の症状は人によって様々です。自然に治るだろうと放置せず、まずは更年期サプリで更年期対策をしてみましょう。更年期サプリは種類が豊富なのでどれが自分い合ったものなのか分からず選びづらいかもしれませんが、自分の症状にあった成分を調べて、その成分が含まれた更年期サプリを選ぶようにすればサプリ選びの失敗は減ると思います。もし自分に合った更年期サプリを見つけられれば自宅に居ながら更年期対策が出来、とても便利なので色々試してみて自分にあった更年期サプリを見つけてみましょう。

 

 

更年期サプリによく使われる成分

更年期サプリの種類は豊富ですが、その中でもよく使われ更年期対策としても優秀なサプリ成分を紹介します。

 

エクオール

エクオールは別名「スーパーイソフラボン」とも呼ばれ、女性ホルモンに似た働きがあるため更年期女性に嬉しい成分です。大豆イソフラボンを摂取すると腸内細菌の働きによって作られるのがエクオールですが、日本人の2人に1人はこのエクオールを作り出す腸内細菌を持っていません。この腸内細菌持っている方は日常の食事から摂取した大豆イソフラボンをエクオールに作り替えられるため、更年期症状が軽いのではないかという見方もあります。腸内細菌の有無に関係なく更年期対策が出来るよう、エクオール自体を直接摂れる更年期サプリが販売されています。

 

サポニン

サポニンは漢方で有名な高麗人参に含まれている成分です。サポニンには体のめぐりを良くする働きがあるため、更年期に入ってから手足が冷えるようになった方はサポニン入りのサプリを選ぶと良いでしょう。更にサポニンには自律神経を調整する働きもあるため冷え以外の更年期対策にも使えます。

 

デセン酸

デセン酸は聞き覚えの無い方も多いかもしれませんが、ローヤルゼリーに含まれている成分の1つです。デセン酸もエクオールと同じように女性ホルモンに似た働きをするため、更年期に足りなくなった女性ホルモンの代わりに働いてくれます。デセン酸はローヤルゼリーからしか摂れないため、日常的に摂取するにはサプリメントを利用するのが一般的です。

 

プラセンタ

美容に関して高い評価のあるプラセンタは、その豊富な栄養によって更年期対策としても利用されています。上に挙げたサプリ成分には及びませんが美容を気にしつつ更年期対策もしたい方におすすめの成分です。

 

乳酸菌

一見、更年期と乳酸菌は関係ないように思えますが、腸内環境を整える事は更年期においてとても重要です。腸内環境を整えると体内でエクオールを作れるようになるためです。これにより普段の食事からエクオールを作り出せるようになればより効率よく更年期対策を出来るようになります。

 

 

更年期の辛い症状は何故起こる?

多くの女性が辛い症状に悩む更年期ですが、そもそも何故更年期障害は起こるのでしょうか。それは女性の体の機能の変化に理由があります。
40代〜50代頃になると女性は閉経を迎え、それに伴って卵巣の機能が低下していき最終的に停止します。この閉経の前後5年、計10年間を「更年期」と呼び、この期間に起こる体の不調が「更年期障害」と呼ばれています。卵巣の機能低下によって今まで分泌されていた女性ホルモンの量が急激に減少します。体内の女性ホルモン量不足を感知した脳が新たに女性ホルモンを増やすよう卵巣に指令を出しますが、機能低下しているので女性ホルモンの分泌量は一向に増えません。指令を出したはずなのに女性ホルモン量が増えない事に脳は混乱し、自律神経が乱れる事で様々な体の不調となって表れるようになります。

 

まずは生活習慣の見直しから

更年期サプリは病院で処方される薬とは違い、補助が目的のものです。「更年期サプリを飲んだけど実感出来ない」「更年期サプリは大して役に立たない」なんて話を聞くこともありますが、確かに体質に合わなかったり粗悪な更年期サプリでは実感は薄いかもしれません。しかしその前に自分の生活習慣は整っているでしょうか?夜更かしのし過ぎで睡眠不足、いつも同じような食事で栄養バランスが偏っている、最近運動をしてない、お酒をよく飲む、タバコを吸う習慣がある、太りすぎあるいはダイエットのしすぎなど、所謂「不健康な状態」ではないと言い切れる方は案外少ないように思います。折角お金を出して更年期サプリを買うのですから嬉しい実感が欲しいのは誰でも同じなので、まずは生活習慣を見直して更年期サプリや病院に頼らずとも自分で出来る健康管理から始めてみましょう。

 

 

ストレスは更年期をより辛くする?

世の中にはストレスが溢れています。仕事や人間関係、家事など普段の生活で受けるストレスもありますが、更年期を迎える頃には自分や夫の仕事の忙しさ、両親の介護や子供の巣立ちなど家庭や職場の環境が変化しやすくそれによってストレスを受けやすい時期でもあります。それに加えて更年期はストレス耐性が下がっているため、ちょっとしたことでもストレスに感じてしまう事もあります。特に良妻賢母と呼ばれるような真面目な方ほど、よりストレスを抱え更年期症状が重くなる傾向にあります。あまり真剣にとらえ過ぎず適度に流す程度の余裕を持つことでそのストレスを回避する事が出来ます。その他にも自分なりのストレス解消法を身に着けて適度にストレスを発散することでストレスを溜め込まないようにすれば更年期症状の重症化を防ぐことに繋がります。また身近に更年期の悩みや不安、辛さなどを相談できる相手がいると心の負担を軽減する事も出来ます。身近に相談できる相手が居なければカウンセリングを受けるのも一つの手でしょう。

 

 

若くても更年期障害になる?

最近では若者が更年期障害に似た症状を訴えるケースが増えています。更年期障害は40代〜50代に閉経を迎える事で起こる体の不調ですが、まだ閉経には程遠い20代〜30代に更年期症状が表れる事を「若年性更年期障害」と呼びます。不規則な生活、夜更かしによる睡眠不足、栄養バランスの悪い食生活、過度のダイエット、喫煙や飲酒など生活習慣の乱れが原因でホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れる事で更年期障害に似た症状が現れるようになります。まだ若いのに更年期障害の症状が見られる方は生活習慣の見直しや医師の診断を受けるなどして対策・改善するようにしましょう。